復元納棺師さんの声

株式会社桜 代表・復元納棺師 笹原 留似子さんのご紹介

自らの命がけの手術を経て、ホスピス病棟に勤務されました。
病棟で多くの患者さんを看取るなか、「もっと自分に出来ることはないか」と考え、 葬儀関係の職場へ転職、そこでの経験を元に、故人を生前の眠った様なお姿に戻し納棺する「復元納棺師」となられました。
そして、昨年起きました「東日本大震災」では、約300人の方々を5ヶ月間に渡り見送られるとともに、ご遺族のグリーフケアにも携わってこられました。
そのボランティア活動が評価され、社会に貢献し感動を与えた市民に送られる「シチズンオブザイヤー2011」に選ばれました。
また、今年8月には復元納棺を行う様子がNHKスペシャル「最期の笑顔~納棺師が描いた東日本大震災」で放映され、大きな反響を呼びました。
主な著書に「おもかげ復元師」「おもかげ復元師の震災絵日記」(ともにポプラ社)がございます。

【おもかげ復元師の震災日記】 【おもかげ復元師】  書籍のご紹介(ポプラ社)


【~笹原さんとのエピソード~】
2011年の「東日本大震災」の際、エンゼルメイクキット “メモリーシオン”を寄付したことが、大きなきっかけとなりました。
壮絶な遺体安置所で、悲しみに暮れるご遺族と、自らも辛い身の上でありながら、必死で心を支えようと動かれている警察官や関係者の皆様、この様な辛い現状の中で、「メモリーシオン」は「皆の心をつないでくれたんだよ」と笹原さんは言って下さいました。
とても心に響いた言葉でした。
 今では、「メモリーシオン」や「Safety Set」について、私たちが考えていた以上の用途(応用)を教えて下さり多くの学びを得ております。  この学びを、少しでも多くの関係者様へお伝えできるよう弊社もより一層努力して行きたいと思っております。
 笹原さんとの出会いは、弊社にとって、とても大きなものとなりました。

  教材DVDが発売されました。
さくらの納棺 ~復元納棺師の参加型死化粧~
        詳しくはバナーをクリック→